サルでもわかるConvolution Reverb(その1)

サルでもわかるConvolution Reverb(その1)

皆さんお疲れ様です。Hylenです。

最近ダーツにハマっててます、興味ある方よかったらやりましょう。

さて今回はリバーブのお話です。

皆さんConvolution Reverbってご存知でしょうか?あまりまだ馴染みのないエフェクトだと思います。

Convolution Reverbとは、畳み込みリバーブと言われ、IR(Impulse Response)というファイルを使って音声ファイルに記録された空間のリバーブを再現するというものです。

この時点で僕は”????”という感じだったのですが、端的に言うと、協会やコンサートホール、洞窟などの反響音を読み込んでそのリバーブを再現する、というものです。

CPU不可は少し高いのですが、その分高品質なものが多いです。

具体的にどんなプラグインがあるのか、どのような感じなのか?今回は2つのプラグインを紹介します。

今回はスネアの音を元にデモを作ったので、実際に見ていきましょう!フリーもあります!

原音はこちら

Convolution Reverbおすすめ

1. Ableton Convolution Reverb

Ableton Live Suiteに付属するMax for Liveのプラグインです。

Hall

Plate

Spring

Room

Yunomiさんに教えてもらいました。デフォでプリセットが結構入ってて、しかも面白い音が入ってて良いです、AbletonのReverbより僕はこっちのが好みでした。

難点はAbletonのSuiteでしか使えないことくらいでしょうか。

2.Melda Production MConvolutionEZ

Hall

Plate

Spring

Room

フリープラグインでも有名なMeldaProductionのConvolution Reverbです。

デフォルトで大量のIRがついてきます。調整出来るツマミはDry/Wet,width,High-Pass,Low-Passの4つととてもシンプルです。分かりやすくていい感じ。

このプラグインはいいところとして、動作がシンプル、軽い、IR多い、など沢山あるのですが、個人的にはwidthでステレオ感を弄れるのがとても良いです。

横に広げることはもちろん、完全にMonoにすることもできます。リバーブは広がりを演出するプラグインの1つでもあるのでここはかなり重要だと思っています。

Room/width:100%

Room/width:mono

まとめ

リバーブのプラグインは星の数ほどあり沼に陥りやすいですが、Convolution ReverbはIRを使うためある程度設定が決まるため、試したことの無い方は試してみてはいかがでしょうか。

またこのConvolution Reverbに関しての応用編を次回描きたいと思います。覚えていたら。

おわり