コラム

MixやMasteringの確認、比較にはrekordboxが優秀だよって話

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 最近忙しくてブログが更新できず申し訳ないです…最近珍しくFutureHouseのブートとかあげたのでチェックしてくれると嬉しいです。 サンプルパックとか実用性の高いものを作っているのでお楽しみにです。 早速ですが皆さんはMix、Masteringはどのような手順で行っているでしょうか。 恐らくほとんどの方がリファレンスを用意して確認しながら行うかな…と思うので […]

【ブログ】僕がDouble Zero 001をメインで使う理由

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 今日は前書きはないです。 早速ですが皆さんは楽曲制作において、モニター環境はどのようなセッティングでしょうか。 僕は今はAdam AudioのT5VにApogee Duet、ヘッドホンは使い分けますがDouble Zero 001という物を使っています。 今回はDouble Zero 001の魅力について、なぜ僕がメインのヘッドホンをこちらに変えたのかを書いて […]

DTMをやるうえで大事だけど見落としがちな機材は…

椅子です。 皆さんお疲れ様です。Hylenです。 出オチみたいになってしまいましたが今回はDTMをやるうえでの環境づくりについて考えていきたいと思います。 DTM(作曲)やってるときってさ 結構時間忘れて集中してやってること多くないですか?いわゆるスポーツでいう”ゾーン”に入るみたいな…(ゾーンに関しては調べてみてください) いわゆる”ゾーン”に入る […]

【コラム、Tips】クラブミュージックを作るなら、”超低域”が聞こえる機材を持っていたほうがいい【Pt.1】

  • 2020.01.23

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 早速ですがDTMerの皆さんは作曲時どのようなスピーカー、ヘッドホンで作業していますでしょうか。 ちなみに私はスピーカーがKRKのRokit5 G3、ヘッドホンがATH-M50X、Double Zero 001、たまにHD-25です。 今回の考察はずばり”低域”、超低域です。低域でもサブベースや808サンプルなどの”超低域& […]

【コラム、Tips】なぜあなたの曲はクラブでプレイされないのか、どのような曲をDJが好むのか

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 世間ではNAMM SHOWが開催されていますね。今年も新商品がたくさん発表されていました。個人的にはSSLのオーディオインターフェースやApogeeの新しいオーディオインターフェースが気になります。今使っているApogee Duetの調子が悪くて… という話はさておき、今日はちょっとした考察を行いたいと思います。 先日Youtubeで動画を漁っていたところ、こ […]