HVP-002 Chronos is Out Now!

Buy Here

【2021年版】今年のブラックフライデー、サイバーマンデーで狙っているプラグイン諸々 Pt.3【これだけは買っとけ】

2021-11-24T11:16:55+09:0011月 24th, 2021|未分類|

皆さん元気してますでしょうか。宇佐美です。 最近はブラックフライデーで書く内容がいっぱいあるので、更新しまくってます。 さて今回もブラックフライデー/サイバーマンデー特集です。 過去の記事はこちらから https://hylenlab.info/2021/11/19/post-999/ https://hylenlab.info/2021/11/22/post-1005/ 前回は僕自身も気になっているプラグインを紹介しましたが、今回は僕も持っていて、これは買い!ってものをいくつか紹介しようと思います。 では、いきましょう~ これは買い!というもの Reveal Sound Spire https://www.pluginboutique.com/product/1-Instruments/4-Synth/3187-Spire/?a_aid=5abf3e9769e18 Reveal SoundのSpireです。ロシア製。 EDMとか打ち込み界隈ではかなり有名なので、持ってる人も多いかもしれませんが、間違いないサウンドです。 Spireは何といっても存在感のある、"太い"と言われるサウンドが特徴です。特にトランスやハードコアなどのLead、SuperSawに関してはお墨付きです。

【2021年版】今年のブラックフライデー、サイバーマンデーで狙っているプラグイン諸々 Pt.2

2021-11-24T09:57:12+09:0011月 22nd, 2021|未分類|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 久しぶりに時間がそれなりに取れて、ブログ書いたり、サンプルパックもポロポロと新しいものを着手できてきます。ありがたや。 さて前回に引き続きブラックフライデー、サイバーマンデー特集です。 前回の記事はこちら↓ https://hylenlab.info/2021/11/19/post-999/ 今回は新たに追加された僕の気になってるもの、欲しいものに加えて、定番だけど安いからこれは買っとけ!ってのも追加で書こうと思います! それではいきましょう! 個人的に気になってるものPart2 NeuralDSP Archetype:Tim Henson https://neuraldsp.com/plugins/archetype-tim-henson こちらは僕のブログでもよく出てくるNeuralDSPの最新モデル、PolyphiaのTim Hensonのプラグインです。 これはデモの音源がメチャメチャかっこいいので、聴いて欲しいです。 https://youtu.be/7_cXxEbR_pA シンプルに僕がPolyphiaの大ファンなので欲しい…というのもありますが、こういうモダンでクリアなクリーンって意外とありそうでなかったので、ありかなと思ってます。

【2021年版】今年のブラックフライデー、サイバーマンデーで狙っているプラグイン諸々 Pt.1

2021-11-19T11:28:59+09:0011月 19th, 2021|未分類|

みなさんお疲れ様です。宇佐美です。 皆さん近況はいかがでしょうか。 緊急事態が開けて、飲みに行きたい居酒屋が沢山あって、肝臓5つくらい欲しいです。 さて今回は、毎年恒例ブラックフライデー、プラグインがバカ安くなる季節がやってきました。今回は、第一弾として、僕が気になっているプラグイン、紹介できればと思い、記事にしました。 割と有名なプラグインはあまり書いていないので、マニアックなものに興味ある方いたらぜひ、見てみてください! ではいきましょう~! Black Fridayで狙っているプラグインまとめ 1.Audio Damage Quanta https://www.pluginboutique.com/product/1-Instruments/4-Synth/4629-Quanta グラニュラーシンセです。グラニュラーシンセを使うジャンル自体がかなり限られるので、マニアックなものではありますが、グラニュラーの中でもかなり評判が良いので気になっています。IMANUとかが使ってますね。 DubstepとかIDMなど、サウンドデザインする人向けのイメージです、かなり直観的に触れるらしいので気になってます。 40%Offで7000円くらい。 2.EastWest Spaces

【メモ書き1】ジャンル毎のサブベースの使い分け、おすすめのサブベースを作るプラグインなど

2021-11-15T15:34:36+09:0011月 15th, 2021|DTM、プラグイン, Tips, まとめ, 未分類|

皆さんお久しぶりです、宇佐美…Hylenです。 最近更新をめちゃめちゃサボってしまってすみません… さて、前回の記事で事務所所属の報告をさせていただいたのですが、いわゆるポップスも作るようになって、そのうえでサブベースの置き方について考え方が結構変わったので、こちらの方にメモ書きで残しておきたいと思います。 あくまでまだまだ初心者の殴り書きなので、鼻ホジ程度に見てもらえると嬉しいです( サブベース一覧 FAS Sublab https://www.pluginboutique.com/products/5409-SubLab まず最初に、いろいろなプラグインを試したうえで、一番"ピュア"かつズシンとくるものを紹介します。 Future Audio WorkshopのSublabです。これは僕とユニットをやっているLINとTAKU INOUE先生の対談(うらやましいクソが)の動画で紹介されていて知ったのですが、サブベース専門というだけあってInitの状態でもかなり太いSine波が出ます。 https://www.youtube.com/watch?v=UqJ3D6lMoik プリセットは確かにサチュエーションのかかったベースや、Trap系のHIPHOPで流行った楽曲をもじった所謂808系のものが多いのですが、どっちかというと僕はInitのSine波から、倍音を調整するX-SUBという機能を使ってピュア目のサブを作ることが多いです。 プリセット付きとどっち買えばええねん!って人は…好きな方買ってください(僕はプリセット持ってないです) このX-SUBが優秀なのでかなり…オヌヌメでございます。

タイトル

Go to Top