HVP-002 Chronos is Out Now!

Buy Here

About Hylen

この作成者は詳細を入力していません
So far Hylen has created 108 blog entries.

【メモ書き1】ジャンル毎のサブベースの使い分け、おすすめのサブベースを作るプラグインなど

2021-11-15T15:34:36+09:0011月 15th, 2021|DTM、プラグイン, Tips, まとめ, 未分類|

皆さんお久しぶりです、宇佐美…Hylenです。 最近更新をめちゃめちゃサボってしまってすみません… さて、前回の記事で事務所所属の報告をさせていただいたのですが、いわゆるポップスも作るようになって、そのうえでサブベースの置き方について考え方が結構変わったので、こちらの方にメモ書きで残しておきたいと思います。 あくまでまだまだ初心者の殴り書きなので、鼻ホジ程度に見てもらえると嬉しいです( サブベース一覧 FAS Sublab https://www.pluginboutique.com/products/5409-SubLab まず最初に、いろいろなプラグインを試したうえで、一番"ピュア"かつズシンとくるものを紹介します。 Future Audio WorkshopのSublabです。これは僕とユニットをやっているLINとTAKU INOUE先生の対談(うらやましいクソが)の動画で紹介されていて知ったのですが、サブベース専門というだけあってInitの状態でもかなり太いSine波が出ます。 https://www.youtube.com/watch?v=UqJ3D6lMoik プリセットは確かにサチュエーションのかかったベースや、Trap系のHIPHOPで流行った楽曲をもじった所謂808系のものが多いのですが、どっちかというと僕はInitのSine波から、倍音を調整するX-SUBという機能を使ってピュア目のサブを作ることが多いです。 プリセット付きとどっち買えばええねん!って人は…好きな方買ってください(僕はプリセット持ってないです) このX-SUBが優秀なのでかなり…オヌヌメでございます。

【お知らせ】

2021-10-01T18:22:09+09:0010月 1st, 2021|未分類|

皆様お疲れ様です。Hylenです。 最近はサンプルパックの作成等により更新が滞ってしまい申し訳ございません…! さて今回はお知らせです。 この度、私Hylen(及び宇佐美祐二)は、音楽プロダクション会社のHifumi,inc.(https://hifumi-inc.co.jp)様にComposer/DJとして所属することになりました。 https://hifumi-inc.co.jp/team/hylen/ 主に作曲、編曲などの楽曲制作作業から幅広く活動していく予定です。 とはいえこれからも窓口は変わらず、引き続きブログの執筆やレッスン、fanboxは変わらず行っていきますので、ご安心くださいませ。 これからもHylen、及び新たに宇佐美祐二としての活動を見届けていただければと思います! ではでは!

【HipHop,Rap】Trap系ビート作成にオススメのサンプルまとめ①【Trap,Chill】

2021-08-23T10:16:39+09:008月 23rd, 2021|DTM、プラグイン, Tips, まとめ, ブログ, 未分類|

皆さんお久しぶりです。Hylenです。 最近めっぽう忙しく、なかなか更新できずに申し訳ありません、、、(いつも挨拶これな気がする…) さて今回は、ビートメイキングに関して、どんなサンプルが鳴りがいいか、どんなキットを選べばいいか分からない!って方向けに、オススメの爆鳴りサンプルパックをまとめましたので、ラッパーの方でビート組んでみたい!とか、1歩先のビートを組みたい!って人はぜひチェックしてみてください! 早速行きましょう! Splice Sounds編 Sonny Digital Drumkit https://splice.com/sounds/splice/sonny-digital-drumkit ザ・ド定番。 Travis ScottやLil Uzi Vert、Ty Dolla $ignなどのビートプロデューサーのSonny Digitalのキットです。

【お得】実はまとめ買いできるSpliceのサンプルパック一覧

2021-07-05T10:12:30+09:007月 5th, 2021|DTM、プラグイン, Tips, まとめ, ブログ, 未分類|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 先日、Colour Bass/Melodic Riddimに特化したサンプルパック"HLP-004 Cosmic Dust”をリリースしました。 Serumだけでここまでの音が出るのでぜひ試してみてほしいです。 デモ、購入はこちら↓ https://hylen.booth.pm/items/3084979 さて今回はSplice Soundsの話です。 皆さんはSplice Sounds、使っておりますでしょうか。僕は一番上のプランを使っているヘビーユーザーです。プラグインとかも月額で借りることができて便利ですよね。 そんなSplice Soundsでは、クレジットをつかってサンプルを個別に買うことができるのですが、たまに"このサンプルパック超いい!全部ほしい!"みたいなとき、ありますよね。 そんな時に、実はSplice Soundsだけでなく、個別のサイトでサンプルを全部買うことができるサイトがいくつか存在します。

【エナドリ】作曲家の愛飲するアレを安く買う方法【カフェイン】

2021-06-13T19:40:27+09:006月 13th, 2021|ブログ, 未分類|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 毎度言っている気がしますが、なかなか更新できず申し訳ないです…!気が付けば月一の更新になってしまっていて…まずい… さて小話ですが、新曲"わるいくせだよ。feat.可不"をYoutubeに投稿しました。Hylen初のCevio及びMVとなります。チェック! https://www.youtube.com/watch?v=iiNB93EMOEQ さて今回は、作曲家が愛飲する"アレ"を安く買う方法、及び僕が普段買っている方法について、紹介します。 これがないと始まらない、エナドリ 皆さんエナジードリンクは飲んでいますか? 僕はエナドリ大好きなので、1日1本は飲んでます。 また、エナジードリンクが制作のスイッチになったりします。 有名どころですと、RedBullやMonster、最近だとZoneなどでしょうか。 ただし、エナジードリンクって結構いい値段しますよね。1本200円はします。 そこで、日常的に飲むこいつを安く買う方法について、2つサイトを紹介します。 安い時はとことん安い"サンプル百貨店" まず初めに紹介するのは"サンプル百貨店"です。 https://www.3ple.jp/ こちらは話題の商品をお得に注文することができるサイトです。エナジードリンクをはじめとしたさまざまな商品がお得で箱買いできるようになっています。 例えば、この商品。

【Dig】ベースミュージックの効率の良い探し方【DJ】

2021-05-10T18:52:34+09:005月 10th, 2021|コラム, ブログ, 未分類|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 最近体調を崩してしまいなかなか更新できずに申し訳ございません…(毎回言ってる気がする) そしてオーディオインターフェースを買い換えました。Apollo Solo USBってやつです。UADへの買い替えで悩んでいる人もいると思うので、近いうちにレビューできたらと思います。 さて今回はまた新たなテーマです。 皆さんは新しい楽曲を探す(Digる)際にどのような方法をとっているでしょうか。Soundcloud?Youtube?Twitter?色々あると思います。 今回は僕が楽曲を探す際にどのように行っているか、紹介できればと思います。 1.Youtube youtubeでの音源のDigり方については僕の中では大きく2つに分かれます。順をおって紹介すると、 1-1:アーティスト、レーベルのチャンネルを見る、登録する これは定番ですが、好きなアーティストのチャンネルではもちろん、音源がアップロードされていますので登録チャンネルをチェックします。 1-2:プロモーションチャンネルをチェックする こちらもYoutubeでは多数存在するプロモーションチャンネルをチェックします。こちらはレーベルの垣根を越えてリリースされるのと、bootlegのような配信サイトで配信できないようなものもアップロードされるので優秀です。 Dubstepで言うと、 UKF Dubstep(登録者数632万人)

【4/19まで】Neural DSPのプラグインが半額セール実施中、やばいぞこれは【Guitar,Bass】

2021-04-12T14:12:01+09:004月 12th, 2021|DTM、プラグイン, ブログ, レビュー|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 最近は歌ものばっかり作っています…先日告知しましたが、M3でもNEXTLIGHT様にて参加しておりますので、よかったらTwitterなどをチェックしてみてください。 さて今回はプラグインのセール情報です。 最近ギタリストの間でめちゃめちゃ注目されている"Neural DSP"が4/17まで半額セールを実施中です。 開催場所はこちら↓ https://neuraldsp.com/ 実際僕自身もギターを弾くのですが、最近はNeural DSPの製品しか使ってません笑 そのくらいアンプシミュレーターとして頭一つ抜けている商品が数多くあります。 その中でもおすすめのものをいくつか抜粋して紹介出来たらと思います。 それではいきましょう! Archetype:Cory Wong https://neuraldsp.com/plugins/archetype-cory-wong 出ましたいきなり最強のプラグイン。 Vulfpeckでも活動しているCory

Vocoderって結局どう使えばええねん(Vocoder入門 Vol.1)

2021-04-08T16:43:55+09:004月 8th, 2021|DTM、プラグイン, Tips, 未分類|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 最近更新頻度が恐ろしく減ってしまい申し訳ございません。 少しずつですが忙しくなってきていて、今月から色々リリース情報出せると思います。お楽しみに!色々動くぜ! さて今回はVocoderの話です。Vocoderってたぶん殆どの人が使わないというか、使う頻度が少ないプラグインなのではないでしょうか。 そこであえて今回はVocoderってどのように使えばいいのか、どのような場面で使えるのか紹介していけたらと思います。 主な使い方として、 1.ボーカルエフェクトとして使う 2.ベースに使う の2点かと思われます。 今回はボーカルについてのテクニックについて掘り下げていこうと思います。 1.バッキングコードと同じ信号をMIDIで送って厚みのあるボーカルへ加工する https://www.youtube.com/watch?v=OiTCDijrze8 Zeddがよく使う手法ですね。プリズマイザーともいわれます。 この素材に今回はPolyverseのManipuratorというプラグインをかけてあげると、こんな感じになります。 さらに追加でiZotopeのVocalSynthにてベース部分をボーカルから作ると、 このようなベースができます。 これらをそれぞれミキシングしてあげると、

手軽に打ち込み生ドラムがしたい!

2021-03-24T16:09:00+09:003月 19th, 2021|DTM、プラグイン, まとめ, ブログ, 未分類|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 1か月以上更新をさぼってますね…申し訳ないです、、、 さて今回はドラム、しかも生ドラムに関する記事です。 エレクトロミュージックを作ってる際に、差し色として生ドラムを入れたくなるような時って、遭遇したことありませんか? 例えば… ・2番のAメロを生ドラム風のシャッフルビートが使いたい ・ドロップでブレイクダウンがやりたい ・申し訳程度のメタル要素 など…そんな時にドラム音源を立ち上げるとは思うのですが、ドラマーじゃない人は設定も何も全然分からないと思います。 こんな時、手軽にできないかな?という方法をいくつか紹介します。 1.ドラムマシンにサンプルを入れ込む これが一番楽ですね。生ドラムのサンプルをドラムマシンに入れて使う方法。 ただし、良い音の生ドラムのサンプルを探すのは中々難しいです。 あとニュアンスを絶妙に変える、とかはできないです。 サンプルでお手軽に使える3つをご紹介します。 Splice Travis

タイトル

Go to Top