HVP-002 Chronos is Out Now!

Buy Here

【解説】Colour Bassの音作りについて Part1【プラグインなど】

2022-09-24T19:07:13+09:009月 24th, 2022|DTM、プラグイン, コラム|

皆さんご無沙汰しております。Hylenです。 M3まであと1か月少しですね。今回かなりパワフルな作品を作りましたので、ぜひ手を取っていただけると幸いです。 さて今回は、レッスンやTwitterなどで聞かれることが一番多かった”Colour Bass"の音作りについて。 ちょっと流行りが下火になっている気はしますが、あまりにも聞かれることが多かったので、こちらで一部説明できればと思い、書かせて頂きます。 それではいきましょう! Colour Bassの音について Colour Bassってどんな音?って方は、まずはChimeというアーティストを聴くのが良いと思います。 https://www.youtube.com/watch?v=NqJgDQU74YI いわゆるワブルベースのサウンドに合わせてテンションコードが鳴っていたり、本来のDubstepと比べてメロディックなものが多いです。今回はこのようなベースサウンドの作り方の一部を紹介します。 Colour Bassサウンドの作り方 1.ベースサウンドを用意する まずは元となるワブルベースを作成します。こちらはSerumで作っても良いし、サンプルを持ってきてもかまいませんが、一旦バウンスしておいたものにエフェクトをかけた方が、うまくいきます。 (ベースサンプルがないという方はぜひ、Hylen

【2022/08版】最近気になるプラグイン、良かったプラグインまとめ【セール情報あり】

2022-08-03T12:57:31+09:008月 3rd, 2022|DTM、プラグイン, Tips, ブログ, 未分類|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 2022秋M3当選してました。スペースは 第一展示場 D-07a Hylen Lab となります。 色々温めているので、ぜひ来てください! さて今回は2022年8月版、最近使ってるプラグインや気になるものをまとめました。 それではいきましょう! Aberrant DSP Aberrant DSPです。割と最近出てきたメーカーなのかな?主な製品は3つで、どれもとてもクリエイティビティを刺激するプラグインです。8月末まで大セール中。 Digitalis https://www.youtube.com/watch?v=kXQvM1YiANI 一番最近出たプラグインDigitalisです。GlitchやLofi、Bitcrushに使えますが、GUIがもうわけわからなくて最高です。ペイントとかついてるし(あと右下のネコチャンがカワイイ)

【今更】”OTT”について 基礎①【OTT Fundamentals①】

2022-06-27T18:22:42+09:006月 28th, 2022|未分類|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 見事に生活リズムが崩れかけててヤバスです。 さて今回は、DTMerの皆さんは触ったことがあるであろうプラグイン、OTTについて。結構聞かれること多かったので、少しずつまとめていけたらと思います。 それではいきましょう! OTTとは? OTTとは、Over The Topの略で、過激なコンプレッションを狙ったものとされています。 一般的には大きく2つのものを指すと思っています。 1つはAbleton Liveに付属するプラグイン"Multiband Dynamics"のプリセットである"OTT"、もう一つはSerumで有名なXferが無償で配布しているプラグインの"OTT"です。 Abletonの方のOTT XferのOTT 元々Ableton LiveにおけるOTTのプリセットが優秀で、これを他のDAWでも使えるようにとXferが開発したプラグイン、と言われてます。(よく訴えられなかったな…とは思いますが) あと実はSerum内のCompressorも、Multibandモードにすると、これとほぼ同じものが入ってます。

【Ableton Live】あなたの知らないMax 4 Live (M4L)のオススメのやつ【その①】

2022-06-14T18:11:25+09:006月 14th, 2022|DTM、プラグイン, まとめ|

  みんなさまお疲れ様です、Hylenです。 最近は水出しコーヒーにはまっててドバドンバ飲んでおります。 さて今回は、Abletonユーザーの方向けのデバイス、"Max for Live"について、簡単に紹介しながらオススメのデバイスを紹介していければと思います。   Max for Live とは? https://www.ableton.com/ja/live/max-for-live/ 超ざっくり説明すると、自分でプラグインやシンセサイザーを開発したり、作られたものをLiveで使用できる、というものです。超ざっくりです。 とはいえ、デバイスを1から作るのはなかなかハードルが高いと思います。 Max for

【2021年版】今年のブラックフライデー、サイバーマンデーで狙っているプラグイン諸々 Pt.1

2021-11-19T11:28:59+09:0011月 19th, 2021|未分類|

みなさんお疲れ様です。宇佐美です。 皆さん近況はいかがでしょうか。 緊急事態が開けて、飲みに行きたい居酒屋が沢山あって、肝臓5つくらい欲しいです。 さて今回は、毎年恒例ブラックフライデー、プラグインがバカ安くなる季節がやってきました。今回は、第一弾として、僕が気になっているプラグイン、紹介できればと思い、記事にしました。 割と有名なプラグインはあまり書いていないので、マニアックなものに興味ある方いたらぜひ、見てみてください! ではいきましょう~! Black Fridayで狙っているプラグインまとめ 1.Audio Damage Quanta https://www.pluginboutique.com/product/1-Instruments/4-Synth/4629-Quanta グラニュラーシンセです。グラニュラーシンセを使うジャンル自体がかなり限られるので、マニアックなものではありますが、グラニュラーの中でもかなり評判が良いので気になっています。IMANUとかが使ってますね。 DubstepとかIDMなど、サウンドデザインする人向けのイメージです、かなり直観的に触れるらしいので気になってます。 40%Offで7000円くらい。 2.EastWest Spaces

【メモ書き1】ジャンル毎のサブベースの使い分け、おすすめのサブベースを作るプラグインなど

2021-11-15T15:34:36+09:0011月 15th, 2021|DTM、プラグイン, Tips, まとめ, 未分類|

皆さんお久しぶりです、宇佐美…Hylenです。 最近更新をめちゃめちゃサボってしまってすみません… さて、前回の記事で事務所所属の報告をさせていただいたのですが、いわゆるポップスも作るようになって、そのうえでサブベースの置き方について考え方が結構変わったので、こちらの方にメモ書きで残しておきたいと思います。 あくまでまだまだ初心者の殴り書きなので、鼻ホジ程度に見てもらえると嬉しいです( サブベース一覧 FAS Sublab https://www.pluginboutique.com/products/5409-SubLab まず最初に、いろいろなプラグインを試したうえで、一番"ピュア"かつズシンとくるものを紹介します。 Future Audio WorkshopのSublabです。これは僕とユニットをやっているLINとTAKU INOUE先生の対談(うらやましいクソが)の動画で紹介されていて知ったのですが、サブベース専門というだけあってInitの状態でもかなり太いSine波が出ます。 https://www.youtube.com/watch?v=UqJ3D6lMoik プリセットは確かにサチュエーションのかかったベースや、Trap系のHIPHOPで流行った楽曲をもじった所謂808系のものが多いのですが、どっちかというと僕はInitのSine波から、倍音を調整するX-SUBという機能を使ってピュア目のサブを作ることが多いです。 プリセット付きとどっち買えばええねん!って人は…好きな方買ってください(僕はプリセット持ってないです) このX-SUBが優秀なのでかなり…オヌヌメでございます。

【フリーVST、デモあり】Dharma KSHMR Essentials Kickを使ってみた感想

2020-08-05T12:53:11+09:008月 5th, 2020|DTM、プラグイン, Tips, コラム, レビュー|

皆さんお疲れ様す。Hylenです。 シュウマイ、おいしいですよね。 さて今回はフリーで公開され話題となっているプラグイン"KSHMR Essentials Kick"を実際に使ってみたので紹介していきたいと思います。 KSHMR Essentials Kickって? KSHMR Essentials Kickは世界的なEDMプロデューサーでSpliceにあるSound of KSHMRでも有名なKSHMRのシグネイチャープラグインです。 元々Spliceのrent-to-ownにて配布してるKSHMR Essentialsからキックの処理の部分だけをフリーで切り出したものです。 機能としては8つのツマミがあり、超低域を足すサブハーモニックジェネレーター、2バンドEQ、トランジェントシェイパー、テープサチュレーター、コンプ2つ、ステレオイメージャー、と盛り沢山な内容です。 さらにサブハーモニックジェネレーターは音程で足すことが出来ます、やべぇ

【DTM】Initial Audio Reverseがお手軽にHIPHOP/Trapのループを作れるので買え

2020-01-14T13:00:56+09:001月 14th, 2020|DTM、プラグイン, Tips, 未分類|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 早速ですが皆さんはHIPHOPやTrapと言われる”Beat"作りますでしょうか? 僕自身はLIN&Hylenというユニットでビートを作成したり、別名義プロジェクト”Miyako"でLo-Fi Hiphopを作っていたりするのですが、実際にどのようにして作られているか、知らない人も多いと思います。 そこで今回は、Hiphop/Trap、またLo-Fiなどで使われるテクニックとして、リバースエフェクトを使う方法を紹介します。 まずどんな音かというと、Trapだとかなり使われるのですが、Wondagurlというビートメイカーはかなりの高頻度で使っていますね。 https://www.youtube.com/watch?v=MwArGBjTRZo Drakeが経営するOVOのビートメイカーboi-1daとのビートメイク動画。1:30あたりからどのような音が鳴っているか分かると思います Reverseする方法を紹介しているこの動画でもどのような音になるか想像がつきやすいと思います。 https://www.youtube.com/watch?v=MxUJj35abJM (Traptendoもインターネット系では有名ですがロゴとか名前とか訴えられないのかな…) このようなエフェクトはFL StidioユーザーであればGross Beat,フリーエフェクトであればdblue GlitchやInstabackというソフトで出来るのですが、使い勝手、見た目、分かりやすさ、安さなどを含めてInitial Audio Reverseというプラグインがとても便利なので、他のプラグインと比較しながら紹介したいと思います。

【2019まとめ】2019年、買ってよかったモノを色々紹介【機材、プラグインetc】

2019-12-29T00:49:22+09:0012月 29th, 2019|まとめ, ブログ|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 2019年ももう終わりを迎えますね。皆さんはどんな年を過ごされたでしょうか? 僕は本当に大変な1年でした。厄年は本当にあるんだなぁといった感じでした。 今回は2019年、買ってよかったものを色々紹介していきたいと思います。 ・機材編 TFZ T2 Galaxy TFZという中国の会社?のイヤホン。見た目がかっこよく評判も良いので買いました。 密閉性がしっかりしているためか、低域が恐ろしく出ます。 808ベースのモニターもしっかりできるので出先で簡単な作業するときはこれ使ったりしてました。 Massdropで5000円くらいだったかな。 今はaliexpressとかから買えるのでぜひ。https://www.aliexpress.com/item/-/32936315799.html Double Zero 001 2017年にグッドスマイルカンパニーから発売された、ZEDD監修のヘッドホン。発売当初はサイン会イベントなどもやってましたね。

タイトル

Go to Top