HVP-002 Chronos is Out Now!

Buy Here

【解説】Colour Bassの音作りについて Part1【プラグインなど】

2022-09-24T19:07:13+09:009月 24th, 2022|DTM、プラグイン, コラム|

皆さんご無沙汰しております。Hylenです。 M3まであと1か月少しですね。今回かなりパワフルな作品を作りましたので、ぜひ手を取っていただけると幸いです。 さて今回は、レッスンやTwitterなどで聞かれることが一番多かった”Colour Bass"の音作りについて。 ちょっと流行りが下火になっている気はしますが、あまりにも聞かれることが多かったので、こちらで一部説明できればと思い、書かせて頂きます。 それではいきましょう! Colour Bassの音について Colour Bassってどんな音?って方は、まずはChimeというアーティストを聴くのが良いと思います。 https://www.youtube.com/watch?v=NqJgDQU74YI いわゆるワブルベースのサウンドに合わせてテンションコードが鳴っていたり、本来のDubstepと比べてメロディックなものが多いです。今回はこのようなベースサウンドの作り方の一部を紹介します。 Colour Bassサウンドの作り方 1.ベースサウンドを用意する まずは元となるワブルベースを作成します。こちらはSerumで作っても良いし、サンプルを持ってきてもかまいませんが、一旦バウンスしておいたものにエフェクトをかけた方が、うまくいきます。 (ベースサンプルがないという方はぜひ、Hylen

【Ableton Live】あなたの知らないMax 4 Live (M4L)のオススメのやつ【その①】

2022-06-14T18:11:25+09:006月 14th, 2022|DTM、プラグイン, まとめ|

  みんなさまお疲れ様です、Hylenです。 最近は水出しコーヒーにはまっててドバドンバ飲んでおります。 さて今回は、Abletonユーザーの方向けのデバイス、"Max for Live"について、簡単に紹介しながらオススメのデバイスを紹介していければと思います。   Max for Live とは? https://www.ableton.com/ja/live/max-for-live/ 超ざっくり説明すると、自分でプラグインやシンセサイザーを開発したり、作られたものをLiveで使用できる、というものです。超ざっくりです。 とはいえ、デバイスを1から作るのはなかなかハードルが高いと思います。 Max for

【2022/01】最近良かったサンプルパックまとめ【Splice,Gumroad etc…】

2022-01-27T14:58:51+09:001月 27th, 2022|未分類|

皆さん大変お久しブリブリブリ大根です。宇佐美Hylenです。 最近仕事と制作に追われて自分の曲やサンプルパックが作れず申し訳ないです…少しずつまとめているのでもう少々お待ちを!来月には! さて今回は、久しぶりのサンプルパック紹介です。前回が…えっ1年前…wow…前回のはこちらをどうぞ↓ https://hylenlab.info/2021/01/22/post-798/ それではやっていきましょう! Splice Originals Water https://splice.com/sounds/splice-originals/so_water Splice Originals Waterです。 超CHILLって感じ。 こういう生音やエクスペリメンタルな音は本当に数少ないので重宝してます。特に波や水の音は大好きなので、よくクラップやスネアにレイヤーして使ってます。 久しぶりに全落とし(パックまるごとダウンロードするやつ)やっちゃいました…! AKVMA's Sample

【FREE DL】Hylen Sample Pack Vol.0.1

2020-04-01T15:02:30+09:004月 1st, 2020|DTM、プラグイン, まとめ|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 今日はエイプリルフールですね。コロナで皆さんそれどころじゃなさそうですが。 そんなタイミングの悪い状況ですが、ポロポロと作っていたサンプルパックが少しずつ出来てきたので、一部ではありますがフリー公開したいと思います。 5 Kicks 5 Snares 3 Claps 6 Hats 5 Bass Shots 5 Synth Shots

【Tips】これからFutureBassを作ろうとしている人へのオススメサンプルパック、プリセット

2020-03-04T23:25:14+09:003月 4th, 2020|DTM、プラグイン, まとめ|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 最近はM3もその他の納品も終わってやっとひと段落したので、少し作曲以外のことしてます(まあアニメ見てギターポロポロ弾いてるくらいなのですが) 実はありがたいことにプライベートレッスンの方大変好評で、多くのお客様に申し込んで頂いております。ありがとうございます。 そこで今回は質問が多かった(?)FutureBassについて少しお話したいと思います。 まず言いたいのが、"FutureBass作りたいです!"みたいな質問ちょいちょい来るのですが、FutureBassってかなり広義なジャンルなので、結構答えに困ることが多いです。(例えるなら"中華食べたいです!"くらい広義だと僕は思ってます) FutureBassといっても、 Flumeのようなアーティスティックなものから、Snail's House のようなKawaii Future Bass、Yunomiさんなどのポップなもの、Wave RacerやPusherなどのいわゆる"Neon"と呼ばれるものやZedd,Grey,The ChainsmokersなどのFuturePop、アンビエントや生音要素が強いSan Holoのようなものなど…結構種類があります。 別に"FutureBass作りたい!"って言うのが悪いことでは全然ないのですが、"こういうアーティストみたいな曲が作りたい!"って方が想像がつきやすいので助かります。 また質問で"FutureBassを作りたいがどのようなサンプルを買えばいいか分からない"というのを頂いたので、いくつか紹介できたらと思います。 Cymatics

【Tips、まとめ】とりあえず持ってて損はないSpliceのオススメサンプルまとめ【Trap/HipHop編】

2020-01-18T21:23:13+09:001月 18th, 2020|DTM、プラグイン, Tips, まとめ|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 突然ですが皆さまはSplice Soundsを使っていますでしょうか? 知らない方に説明しますと、Splice Sounds(通称Splice)は現在サンプル販売サイトにおいて最も勢いのあるデベロッパーです。 プランがいくつかあるのですが、月額を払うことにより膨大なサンプルの中から必要なもののみをダウンロードできる画期的なシステムです。 サンプルの他にもMIDIやプリセットもダウンロードできます。 Spliceに入っていなくて興味を持たれた方はこちらのDTMer.infoさんのこちら記事がオススメです、とても分かりやすく解説してくれています。→ https://dtmer.info/splice-sounds/ 僕自身も割とSpliceのヘビーユーザーで、去年の終わりくらいまでは600samplesのプランに入っていました。(現在は300sampleですがちょっと足りなくて困ってます) Spliceで様々なジャンルのサンプルパックをDigしてきた中で、特に使用頻度の高いサンプルパックをいくつか紹介したいと思います。 今回はTrap/Hiphop編です。(Lo-Fiは除く) 早速行きましょう! Bighead Sample Pack リンクはこちら https://splice.com/sounds/splice/bighead-sample-pack

  • Sample Pack

【サンプル】Spliceにはないけど即戦力で使えるサンプルパック、プリセット集まとめ

2019-12-27T01:19:15+09:0012月 27th, 2019|まとめ, ブログ|

皆さんお疲れ様です。Hylenです。 突然ですが皆さまはSplice sounds、使っていますでしょうか? https://splice.com/features/sounds 月額制でクレジットがチャージされ、それを使ってサンプルをダウンロードできるとても強力なツールです。私も愛用しています。 とても便利で、これさえあればサンプルに困ることはほぼないといっても過言ではありませんが、Spliceでは配布していないけどとても優秀なデベロッパーも多数存在します。今回はこちらに焦点を当てて紹介していこうかと思います。 ・Vengeance Sounds https://refx.com/samplepacks/ https://soundcloud.com/refx/vengeance-samplepack-edm-essentials-vol2 クラブミュージック作成では超定番のサンプルパック集ですね。 定番のVECシリーズからダブステップのサンプルであるVDUB、ハウスのVEH、最近出たEDMに特化したVEDMなどどれもクオリティが高いです。 が、最近は便利さって意味ではSpliceのSound of KSHMRに立ち位置をとられているかな…でも今でもとても使えるサンプルです。 僕はVEDM2を使うことが多いです。 ・Cymatics

タイトル

Go to Top