耳栓をしよう【クラブに行く人向けオススメ耳栓まとめ】

2024年1月2日

By Hylen

耳栓をしよう【クラブに行く人向けオススメ耳栓まとめ】

執筆者 | 1月 2, 2024 | 未分類 | コメント0件

耳栓をしよう【クラブに行く人向けオススメ耳栓紹介】

 

皆さんお疲れ様です。Hylenです。

2024年になりましたね。年末年始はみなさんどのようにお過ごしでしたでしょうか。僕は体調を崩し家で2023年の確定申告の準備をしておりました。インボイスなかなか面倒です。

さて今回は耳栓について。特にクラブへよく行く人に読んで欲しい記事です。

 

耳栓をするメリット

 

僕自身も週末は出演や遊びに行ったりでクラブやライブ会場へいくことが多いのですが、意外と耳栓を持っていない人やつけてない人が多いので、改めて耳栓に対するイメージ、メリットを提示できればと思います。

まず、オーディオ向けの耳栓(飛行機や睡眠用出ないもの)は、音を遮断するという感覚ではなく、大きい音量を下げる、というものの認識でいた方が良いと思います。

つけていて人の声が聞き取れなくなる、ということはほぼないです。全然クラブの大音量の中で耳栓してても会話できます。

また、次の日の疲労感の軽減や音に関する作業効率を格段に上げることを手助けします。三半規管や蝸牛へのダメージというものは頭痛を併発しやすいですし、、何よりライブでインスピレーションを受けてすぐアイデアを書き起こしたい時に耳が痛いとDAWへ向かう気にもなりません。貴重な土日という2日間という短い休みのうちの1日が潰れてしまうのは勿体無い気になりますよね。

そういった意味でもぜひ持っていておいて欲しいです。あって損はしません。

 

おすすめの耳栓

 

AZLAのPOM1000。ポム栓と巷では呼ばれています。

これは実際に僕も使用させて頂いており、特に音量の大きい会場での使用がおすすめです。ストンと音量だけ落としてくれます。周りのDJも使ってる人多いです。

大きな特徴として開放/密閉モードが選べること。イヤーピースの変更ができること。そして紐で繋がっていることです。

開放/密閉モードでは遮音具合を調整することができます。今までこんな機能がある耳栓なんてなかったので衝撃的でした。

ただ調整ツマミがとんでもなく硬いので、ネイルしている人とかは事前に爪楊枝やクリップで調整しておきましょう。爪割れます。マジで。

※こちらイヤーピース持ちながら回せばめちゃめちゃ簡単に回りました、説明書は読みましょう(教えてくれたkyoくん本当にありがとう…!)

またイヤーピースが変更できるので、耳の形に合ったものを選ぶことができるほか、汚くなったら交換なんてこともできます。なんてこったい。

機能性で言えば最強なのですが、デメリットを強いて言えば価格が少し高価(4000円くらい)なので無くしたら結構凹みます。あと筐体が黒かガンメタなので暗い所で落としたら見つかる可能性が低いです。あとは‥洗濯してしまうと紐が切れます(1敗)

ちなみにこちらはD4DJとのコラボモデルもあります。パープルなのでこちらのが無くさないかも?
ロゴが可愛いです。

 

LOOPのQuiet /Experience。電動バイクじゃないです。

LOOPは世界的にスタンダードな耳栓で、特に大きな会場のPAさんやスタッフさんがつけている印象です。

メリットとしてはAZLAと比べて安いこと。quietは2980円で手に入るほか、ヨドバシみたいな店舗であれば大体置いてあります。そして本体全体がシリコンなのでつけ心地も良いです。シリコンなので睡眠用にも最適。リングも可愛いですよね。ケースもコンパクトなので持ち運びやすいです。

また、シリコンで丸洗いできるのもおすすめポイントです。ポケットに入れっぱで洗濯機回しても大丈夫です。ただし色は落ちます。(僕はピンクを持ってたのですが、色落ちしてグレーになりました。)

やはり耳栓をした上での会話のしやすさやイヤーピースのフィット感、遮音性はAZLAのが良いです。あと小さいのでLOOPの方は無くしやすいです。

 

 

まとめ

耳栓の種類はたくさんあるのですが、クラブ会場でも使えるとなるとこの辺りになるのかな〜と思います。

手軽につかえるLOOP,しっかり保護したいときに使うPOM1000みたいな使い方でも良いと思います。僕はイヤホンケースにLOOPをつけて、鞄の中にPOM1000を仕込んでます。ちょっと電車や飛行機で寝たい時とかにも使えるのでLOOPは常に持ち歩いてます。

耳は本当に繊細で、突発性難聴になってしまって放置してしまったら本当に元に戻らないので、これからの人生で音楽にずっと向き合いたい人であればあるほど耳栓は用意して欲しいです。ぜひ買ってみてね。

 

0 Comments

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Related Posts

2023年 Worksまとめ

2023年 Worksまとめ

2023年 Worksまとめ  皆さんお疲れ様です。Hylenです。 2023年ももう終わりですね。皆様のおかげで、今年は沢山の音楽作品に関わること出来ました。改めて、今年関わった音楽およびお仕事などをまとめさせていただければと思います。(一部抜粋になってしまうかも…)  2023年 Worksまとめ     DÉ DÉ MOUSE & Hylen, OuiOui / Love All Day 大先輩であり尊敬するアーティストDÉ DÉ MOUSE 先生とシンガーOuiOui...

続きを読む
2023年 ベストリリース10選

2023年 ベストリリース10選

2023年 ベストリリース10選  皆さんお疲れ様です。Hylenです。 2023年ももう終わりですね。 今回は去年も行いましたが、今年自分にぶっ刺さったリリース10選を紹介できたらと思います。   2023年 ベストリリース10選     Quest For Fire/Skrillex いやもうこれ以外にある?ってくらい説得力の塊みたいなアルバムでした。本当にずっと聞いてました。...

続きを読む
【告知】Hylen Lab ブラックフライデーやります&サンプルパックを出しました

【告知】Hylen Lab ブラックフライデーやります&サンプルパックを出しました

【告知】Hylen Lab ブラックフライデーやります&サンプルパックを出しました  皆さんお疲れ様です。Hylenです。 怒涛の出演もだいぶ落ち着いてきました。来週はゆっくりしたいですがブラックフライデーもまだ続くのでゆっくり…できるのか…?   さて本日は、ブラックフライデーに合わせまして!新たにサンプルパックを公開しました! その名もThe Collection of Hydrangea Vol.1。 過去の ・PROJECT UNDERWATER -UNDERWATER REMIXES 001-...

続きを読む
Share This